今のクレンジング、あなたに合っていますか?
 
クレンジングのタイプ別にみた効果と特徴
 
メイクを落とすためのクレンジングは、毎日のスキンケアに欠かせないアイテムですよね。なんとなく同じものを使っているけど、自分に合うクレンジングってどんなものだろう?と悩みを抱えることもありませんか?

W洗顔の手間を省きたい…、たくさんタイプがあってどう選んだらいいかわからない…と選ぶポイントも人それぞれ異なります。

今回はそんな様々なクレンジングタイプの特徴と、効果についてご紹介します。自分に合ったクレンジング探しの参考にしてみてください。
 

色々なクレンジングタイプ

クレンジングはメイクや、日焼け止めを落とすのに適した成分で作られています。最近は細かいテクチャーに分かれて、どんどん多様化する傾向にあります。

主にタイプ別見ると、8種類に分けられます。

 icon-hand-o-up クレンジングのタイプ

  • オイルタイプ
  • ウォータータイプ(拭き取り型)
  • バームタイプ
  • ジェルタイプ
  • フォームタイプ
  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ

その他にもシート状のものや、固形石鹸タイプなどクレンジングの形状は多岐に渡ります。

保湿成分や、角質ケアといった機能性を持ったクレンジングもあり、実際の選択肢はもっと多く感じる人も多いのではないでしょうか。
 

乾燥肌におすすめのクレンジングタイプと使用方法

それぞれのクレンジングタイプの特徴

タイプだけで8種類もあったら、自分に合うタイプがどれかわからない…と益々迷ってしまいますよね。

そんな人に探しやすい、大まかにクレンジングの特徴を見てみましょう。ここではクレンジングの中でも、愛用者の多い人気のクレンジングタイプについてご紹介します。

クレンジングオイル

ウォータープルーフ仕様のばっちりメイクも落とせる、クレンジング力に優れたタイプです。オイル分で出来ているので、メイクを浮かせる力が強く、汗や水を弾く日焼け止めもすっきりと落としてくれます。

また小鼻の角栓や、皮脂汚れを吸着して一緒に洗い流す角質ケア成分を含む商品も多く、皮脂分泌が気になる脂性肌の人にもおすすめです。
  
 icon-hand-o-right 関連商品>>おすすめのクレンジングオイル3選!肌負担少なくすっきりメイクオフ

クレンジングリキッド

さらっとした使い心地で、ジェルよりも粘度が低く、主成分が水で作られているクレンジングです。

オイルのように洗浄力が高いので、マスカラやリップメイクもするっと落とすことが出来ます。濡れた手でも使用出来るタイプが多いため、浴槽に持ち込んで入浴時のリラックスした状態でメイク落としをしたい時にもおすすめです。

クレンジングウォーター

コットンに含ませて、肌のメイクを拭き取るタイプのクレンジングです。

洗い流す必要がないため、洗面台以外の場所でも手軽にメイク落としをすることが出来ます。拭き取る際に摩擦で肌を傷つけないよう、とろみのある液体タイプや、保湿成分が配合されたものも多いので刺激に弱い敏感肌の人にも使えるのが嬉しいですね。
 
 icon-hand-o-right 関連商品>>クレンジングウォーター人気プチプラ9選

クレンジングジェル

オイルのように洗浄力があり、ウォーターのようなさっぱりした洗い上がりが特徴のクレンジングです。

ジェルが肌に密着し、濃いメイクもするっと包み込み優しく落としてくれます。ベタつきが少なく、クレンジング特有の肌残りが気になる人にもおすすめです。近年は温感タイプや、スクラブ入りなど毛穴汚れや、古い角質ケアが出来る多機能タイプも販売されています。
 
 icon-hand-o-right 関連商品>>クレンジングジェルでメイク落とし&毛穴ケア!おすすめ3選

クレンジングバーム

見た目は固めのバーム状ですが、手に取り優しく肌に馴染ませると、体温でとけてクリームのように柔らかくなる濃厚なクレンジングです。

美容成分が高配合されているものが多く、美容液感覚で肌に潤いや、栄養を与える効果が期待出来ます。乾燥肌の人や、クレンジングでエイジング対策を行いたい人にもおすすめです。
 
 icon-hand-o-right 関連商品>>クレンジングバームのおすすめ3選

クレンジングフォーム

洗顔のように泡立てて使用するタイプのクレンジングです。自分で泡を作るフォームタイプと、ポンプ型になっており、プッシュするだけで濃密な泡が出てくるポンプタイプがあります。

疲れてメイク落としが面倒な時や、育児に追われスキンケアにかける時間がない…という人にもおすすめです。液ダレの心配もなく浴室でも使えるので、ベタつきやW洗顔が苦手な人にも使いやすいですね。
 
 icon-hand-o-right 関連商品>>クレンジングフォームおすすめプチプラ8選

クレンジングのタイプ別にみた効果と特徴まとめ

クレンジングと一言でいっても様々な種類があり、使用感や肌質によっても使い分けることが出来ます。

女性の肌は1か月という周期の中でデリケートに変化しているので、乾燥しやすい時期は保湿クレンジング、ざらつきや皮脂のテカリが気になる時期には、角質ケア成分配合のクレンジングといった形で肌の状態に合わせて選ぶのもおすすめです。

自分の肌に合ったクレンジングで、美肌ケアを始めてみませんか?

・メイク落としにおすすめ>>クレンジングアイテム 
 
クレンジングのタイプ別にみた効果と特徴