クレンジングを行うベストタイミングとは?お風呂でのクレンジングと注意事項

 
クレンジングを行うベストタイミングとは?お風呂でのクレンジングと注意事項
 

クレンジングを行うタイミングは決まっていますか?

帰宅してすぐメイクを落とす人や、寝る前に行う人、タイミングは人それぞれ状況によっても異なりますよね。

今回は、クレンジングを行う時間帯にベストなタイミングはあるのか、調べてみました。

効率よくクレンジングを行いたい人や、お風呂でクレンジングを行う人もぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

クレンジングは入浴後が落としやすい?

クレンジングを入浴後に落とす…という人は少数派のようですが、入浴後はクレンジングよりもスキンケアにおすすめのタイミングです。

湯船に浸かったり、シャワーの湯気で毛穴が開いた状態になっているので、美容成分が浸透しやすく肌によく馴染みます。

一方クレンジングを入浴後に行うと、朝にメイクを行ってから入浴まで長時間肌にファンデーションが乗っている状態が続きます。

7時間以上経過すると、肌の上でメイクの酸化が進み、シミ・シワなどの老化の原因になってしまうことも…。

スキンケアを馴染ませるには入浴後がベストタイミングですが、朝から入浴時間までが長くなってしまう場合は、入浴前に先にメイクを落とした方が肌の老化を防ぐタイミングだと言えますね。

入浴前にクレンジング、入浴後はスキンケアという風に分けるのがおすすめです。

お風呂でのクレンジングはきちんと落とせる?

入浴前ではなく、お風呂場でメイクを落とす人も意外と多いですよね。

シャンプーで髪を整えて体を洗い、洗顔を行うと全身丸ごときれいになれるので、効率的ともいえるタイミングでしょう。

しかし、湿気が多いお風呂場でのクレンジングで、しっかりメイクを落とせるのでしょうか。

お風呂場は毛穴が開きやすいため、湯船に浸かった後は湿気でメイクが落としやすい状態になっています。

また湯船で温まることで肌の新陳代謝が高まり、古い角質や汚れがメイクと一緒に落ちやすいタイミングでもあるのです。

お風呂中はメイク落としに一番良いタイミングですが、使うクレンジングによって落ちにくくなってしまう場合もあるので気をつけましょう。

お風呂場は湿気が多く、手や顔が濡れやすくなっています。

水分が付着することでクレンジングの洗浄力が薄まるタイプもあるので、事前に使用するクレンジングのタイプをよくチェックするのがおすすめです。

お風呂場でクレンジングを行う場合は、濡れた顔や手でも使えるタイプを選ぶことが大切です。

 

ファンケル マイルドクレンジングオイルお試しトライアルボトルは通販限定

濡れた顔にも行えるクレンジングとは

濡れた顔にも使えると表記のあるクレンジングもありますが、自分の手持ちのクレンジングは使えるのか迷ったことはありませんか?

そんな時はクレンジングの種類をチェックしてみましょう。

クレンジングオイルの場合は、表記がない限り湿度が多いお風呂場での使用には適していません。

理由としては水に触れてしまうと成分が薄まり、クレンジングの効果が得られない場合があるからです。

油分が主成分になっているクレンジングは洗浄力に優れたタイプが多いですが、乳化させることでメイクや汚れを洗い流しやすくします。

お風呂場で使うには、水溶性の成分が主成分となっているジェルやクリームタイプがおすすめです。

特に水溶性のジェルタイプは、肌が濡れていてもクレンジングがメイクと馴染みやすいので、お風呂場で使うことでより伸びやすく、肌に負担をかけにくいクレンジングを行うことが出来ます。

またクリームタイプのクレンジングは、美容成分が多く配合されているため、洗い上がりの肌が乾燥するのを防ぐ効果が期待出来ます。

シワが気になる時や乾燥肌の人は、ジェルよりも保湿力のあるクリームタイプの方がおすすめです。

クレンジングを行うベストタイミングとは?お風呂でのクレンジングと注意事項まとめ

メイクは行ってから7時間程が経過すると酸化し、肌の老化を招く原因となる場合があります。

入浴後ではなく、入浴前・お風呂のタイミングでメイク落としを行うと肌のエイジングケアにも繋がりますね。

クレンジングを行うタイミングは、お風呂で温まった後が一番効率の良い時間帯と言えます。

ただお風呂場は湿度が高く、水分が多いので使うクレンジングのタイプによっては効果が薄くなってしまうので、事前に種類をチェックしておくのがおすすめです。

濡れた手・顔でも使えるという表記がない場合には、水溶性のジェルや保湿効果に優れたクリームタイプを選びましょう。

クレンジングのタイミングで迷った時は、お風呂に入る時に全身ケアと一緒に行ってはいかがでしょうか。

 
クレンジングを行うベストタイミングとは?お風呂でのクレンジングと注意事項