あなたのコラーゲン、減少してませんか?
 
コラーゲンについて
 
コラーゲンはうるおい対策の美容成分として、知らない人がいない程有名な成分ですよね。お肌がプルプルになる、化粧品に含まれる成分として思い浮かべる人も多いです。

実は肌だけじゃなく、体内に存在する成分で、私達が本来体内で生成している成分の1つです。30代を過ぎるとその量が減少し始め、ハリ・弾力が感じられなくなる年齢肌に悩むことも。

コラーゲンがどういう働きをもたらすか詳しく探っていきましょう。
 

 

コラーゲンについて

コラーゲンは肌の潤いを高めるハリ・弾力に欠かせない成分です。肌の内側の角質層にある、水分を蓄えた細胞と細胞を網目のようにコラーゲンが線維状になることで繋ぐ役割を持っています。

体内に存在しているコラーゲンの40%近くが皮膚に存在しており、その他には血管や骨、軟骨、内臓などに含まれています。

手羽先や手羽元を煮た後冷えた状態になると、プルプルと固まっているのを見たことはありませんか?骨の中からコラーゲン成分が溶け出し、煮汁と合わさったコラーゲンが冷えて固まったものです。

骨や軟骨には20%近くが含まれ、残りは内臓や血管、髪、爪などの細かい部分に含まれています。

プルプルと固まるコラーゲンの働きを見ていきましょう。
 

コラーゲンの働き

コラーゲンは関節をスムーズに動かす潤滑油のような役割や、骨を形成するカルシウムなどを丈夫に保つサポートもしています。肌だけなく、体の様々な部分の健康に欠かせない成分ですね。

コラーゲンの肌への働きも見ていきましょう。

コラーゲンは肌の真皮層にある水分を蓄えた細胞と細胞同士を繋ぐ役割もあります。網目のような状態で、バネのあるマットのスプリング部分のような働きを持つので、内側からハリ・弾力をもたらします。

しかし30代を迎えるとコラーゲンは減少し始め、肌は乾燥しやすく、潤いやハリを感じられなくなってきます。年齢肌のトラブル対策に欠かせない成分ですね。

肌のコラーゲンが減少する原因を探っていきましょう。
 
 
コラーゲンについて

コラーゲンが減少する原因と、エイジングケア

コラーゲンは20代をピークに、30代を過ぎると減少し始め、肌のハリ・弾力不足などを引き起こします。その原因は、線維芽細胞いうコラーゲンの生まれ変わりを担う細胞にあります。

コラーゲンはタンパク質から形成され、その生成を行っているのが線維芽細胞です。

コラーゲンは時間が経つと変色や変形しやすくなるため、線維芽細胞は古くなったコラーゲンを壊し、不足した分の新しいコラーゲンを生み出しています。

しかし加齢とともにコラーゲンを生み出す力が衰え、古くなったコラーゲンが減り続けていくため、ハリや弾力が感じられなくなってしまいます。

新しいコラーゲンは2~3年の周期がかかり、この間に皮膚には小じわや、ほうれい線などの肌トラブルが現れてしまいます。

その不足したコラーゲンを補うためにエイジング対策を探っていきましょう。

 icon-check-square-o 関連記事>>コラーゲンの産生が170%もアップされる?ポーラ研究所のオリジナル成分配合のアヤナス!

コラーゲンは肌内部に浸透しづらい?

スキンケアでもコラーゲンは肌内部に浸透しづらいのではないか…という意見も聞かれます。コラーゲンは数種類もあり、成分の大きさの分子構造によっても肌へ浸透する可能性が違います。

低分子コラーゲン成分を配合したスキンケアは、肌の角質層まで働きかけ、内側のコラーゲンを高めてくれると言われており、分子の大きいコラーゲンも皮膚の乾燥から表面を守り、水分の蒸発を防ぐ効果が期待されています。

スキンケアや、サプリメントで補う場合は低分子のコラーゲンペプチドが配合されたものを選ぶのがお勧めです。

さらにコラーゲンの生成を行う線維芽細胞を守ることも、コラーゲンの減少を防ぐエイジングケアとしてお勧めです。

  • 紫外線のダメージを防ぐUVケアを小まめに行う
  • 適度な運動を行い、体内の代謝を活性化させることで、肌の新陳代謝を高める
  • 成長ホルモンが分泌されやすい22時~2時の間に眠りに入り、質の良い睡眠を心がける

健康に欠かせない基本的なことばかりですが、線維芽細胞が衰える原因の老化も防ぎます。

ストレスも肌の老化には大敵なので、溜めないように心掛けましょう。
 

コラーゲンについてまとめ

コラーゲンは誰でも知っているような美容成分ですが、その幅広い働きまでは知られていません。コラーゲンが減少することで、髪にツヤがなくなったり、白髪が増えることも。

また骨部分の強化が促されずに骨が脆くなるという、肌以外の老化現象も引き起こします。

30代を過ぎる頃から徐々に減少し始めるコラーゲンを体内取り入れながら、コラーゲンの生成を担う線維芽細胞の老化を防ぐことで、年齢を重ねても若々しいハリ・弾力のある肌へ高めていきましょう。
 

線維芽細胞とコラーゲン、ヒアルロン酸