シミについて

 
シミについて
 

鏡を見た時に顔のシミが気になることはありませんか?

30代になると目尻の下や、頬など目立ちやすい部分のシミに悩み始める人も多いですよね。

コンシーラーやファンデーションで上手く隠れても、メイクを落とした後に素顔を晒すのが憂鬱になってしまう…そんな人もいるのではないでしょうか。

目立ち始めたシミを薄く改善するためにも、シミについて詳しく見てみましょう。

透明感のある明るい肌を目指したい人も必見です。

 

 

シミの種類と原因について

シミには幾つも種類があり、原因が異なります。

自分の気になるシミがどんなタイプか、この後の項目をチェックしてみてくださいね。

まずは一番多いシミのタイプ「老人性色素斑」について、見てみましょう。

加齢によるシミ「老人性色素斑」

「日光性色素斑」とも呼ばれ、紫外線のダメージが原因で引き起こされるシミで、一般的に1番多いシミのタイプです。

紫外線のダメージが角質層に届いた部分は、刺激から肌を守ろうとメラニンが過剰に反応し色素沈着を起こします。

肌のターンオーバーが正常な若い時期は、角質ともに色素沈着を起こした部分も一緒に剥がれ落ちますが、加齢とともに新陳代謝が衰え始めるとシミとして定着し肌表面に現れます。

最初は茶色いポツポツとして点のような小さい状態で現れ、放置していると大きく広がり茶色が濃くなっていきます。

よく日光に当たる顔や、首、手の甲などに現れやすく、長時間紫外線を浴びた若い人でも現れることがあります。

はっきりとした色素が目立つ「肝斑」

30代~40代に現れやすく、妊娠の初期2~3か月の女性や、経口避妊薬(ピル)の使用がきっかけで現れることが多いシミです。

また女性ホルモンのバランスの乱れが原因とも言われており、ストレスが関係しているケースもあります。

紫外線を浴びることで肝斑が広がったり、増えたりする場合もあります。

頬や、頬骨付近に左右均等に現れやすく、老人性色素班よりも最初から濃く現れる特徴をもっています。

おでこや口周りに現れることもあり、輪郭が定まらないモヤモヤとした形をしています。

そばかすと呼ばれている「雀卵斑」

雀卵斑はそばかすと呼ばれる、ポツポツと細かいシミのことを差します。

色白の欧米の人に多く見られるタイプのシミで、幼児期に現れ始め、思春期がもっとも目立ちやすいと言われています。

大きさは他のタイプのシミよりも小さく、広範囲にたくさん出来るのが特徴です。

頬から頬骨、鼻にかけて直線状に現れる人が多いようです。

遺伝する可能性も高く、両親にそばかすが見られる人は現れる可能性も高くなります。

この他にも虫刺されや、ニキビ跡が沈着することで起こる「炎症後色素沈着」があります。

老人性色素班と同じく肌がダメージを受けることでメラノサイトが活発化し、メラニンが沈着しやすくなったことが原因で起こります。

それぞれのシミにおすすめの対策方法

形や原因が異なるシミにはどんな対策をとるのが良いのでしょうか。

タイプ別に対策方法を調べてみました。
 
シミについて
 

老人性色素斑の対策方法とは

加齢が原因で引き起こされることが多い「老人性色素班」には、肌の新陳代謝を高め、古い角質の生まれ変わりをサポートするスキンケアがおすすめです。

特に以下のような美容成分が配合されたものを試してみてはいかがでしょうか。
 

肌の新陳代謝を高める主な美容成分

プラセンタ
成長因子成分を多く含み、肌細胞に働きかけて新陳代謝を高める効果が期待出来る
 
ビタミンC誘導体
シミの原因メラニンの活性化を防ぎ、透明感のあるあかるい肌へと導く
 
レチノール
古い角質を落としやすくし、肌のターンオーバーを高めて新しい肌へ生まれ変わるのをサポートする

 
この他にも美容医療でも使われる「ハイドロキノン」など、色素沈着の元となるメラニンを抑制する効果が期待出来る成分もあります。

美白ケアには肌を引き締める効果がある成分も多く肌が乾燥しやすいので、敏感肌の人や乾燥肌の人は、保湿成分も配合されているものを選ぶのがおすすめです。

肝斑の対策方法とは

肝斑の対策方法には、医薬品で体の内側から状態を整えていくのがおすすめです。

肝斑対策の内服薬にはこんな成分が含まれています。
 

肝斑対策の内服薬に含まれている成分

トラネキサム酸
タンパク質を分解する酵素を抑制し、メラニンが活性するのを防ぐ効果が期待出来る

またハイドロキノンやビタミンC誘導体を組み合わせたスキンケアを行うケースもあり、美容クリニックで専門家による治療も行われています。

雀卵班の対策方法とは

雀卵班(そばかす)の対策方法は、サプリメントとUVケアで内側と外側の両方からシミを防ぐケアを行うことがおすすめです。

そばかす対策におすすめのサプリメントには、以下のような美容成分が配合されています。
 

そばかす対策におすすめの美容成分

L-システイン
アミノ酸の一種で肌の新陳代謝を高め、メラニンの排出をサポートしてくれる効果が期待出来る。

 
最近では「飲む日焼け止め」と言われているサプリもあります。

抗酸化力に優れたかロテノイドや、ポリフェーノールがたっぷりと含まれており、メラニンの活性化を抑制する効果が期待出来ます。

また、どのタイプも外出する際は、UV対策をすることが大切です。

短い時間や曇りの日でも、紫外線は肌にダメージを与えてしまいます。

メイクをしない日でもシミが気になる部分にはUVカット効果のある乳液や、クリームを塗っておきましょう。
 
シミについて

シミについてまとめ

シミにも様々なタイプがあり、タイプによっても原因が異なります。

美白のためのスキンケアやサプリメント選びに迷った時は、今回ご紹介したシミ対策を、参考にしてみてはいかがでしょうか。

シミのない肌は、それだけで若々しい印象を与えますよね。

30代を過ぎてもシミの目立たない、透明感のある素肌を目指してシミ対策を始めてみませんか。
 

30代の美白ケア化粧品を選ぶポイント