ビタミンC誘導体のスキンケアって?
 
ビタミンC誘導体について
 
シミに効果が期待される成分として、ビタミンC誘導体配合の美白スキンケア商品を多く見かけます。

美白ケアでビタミンC誘導体が注目されていますが、栄養素のビタミンCとは違いがあるのでしょうか?

気になる成分のビタミンC誘導体について探っていきましょう。
 

 

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体は、栄養素のビタミンCを肌に浸透させやすく加工した成分です。ビタミンCそのものは成分として安定させるのが難しく、スキンケア商品へ加工する工程で働きが損なわれやすいデリケートな成分でした。

成分を人工的に改良することで、安定性にバランスがとれ、様々なスキンケアに配合することが可能となったのが『ビタミンC誘導体』なのです。

その特徴や、働きなどを詳しく見ていきましょう。

ビタミンC誘導体の特徴

ビタミンC誘導体には3種類の性質があり、化粧水やジェルに混ざりやすい水溶性のもの、クリームやオイルに溶け込みやすい油溶性のもの、その両方の性質を兼ね備えたものに分けられます。

美白ケアでもシリーズすべての製品にビタミンC誘導体の成分が入っていることがあるのは、こうした特性を活かした配合がされているからです。

さらに皮膚に浸透してから、ビタミンC自体に変わるという特徴も持っています。
 

ビタミンC誘導体の働き、期待される効果

30代を迎えると、目尻や頬の高い部分のシミが気になったり、顔全体がくすんでいるように感じたり、肌トラブルに悩むこともありますよね。

年齢肌のトラブルにもビタミンC誘導体は欠かせない働きを持つ成分です。

ビタミンC誘導体はシミの元となるメラニン色素を発生させる酵素を抑制し、シミになる前に色素沈着を防いでくれる効果が期待されています。

また肌細胞へすでに沈着したシミを、還元させる働きもあり、肌に目立つくすみや、そばかすなどにも効果が期待されています。

この沈着したメラニン色素を還元させる効果が期待できるのは、ビタミンC誘導体だけと言われています。

さらにビタミンC誘導体には、優れた抗酸化作用があり、年齢による肌の老化にも効果が期待されています。

30代を迎えるとストレスや、栄養の偏り、胃腸の不具合などが原因で大人ニキビと呼ばれる吹き出物が、あご部分や口周りに出来る時もありますよね。

ビタミンC誘導体は、大人ニキビ部分の炎症を起こす原因となる活性酸素を抗酸化力で防ぎ、患部を鎮静させる効果が期待されています。

また肌の内側のコラーゲンや、エラスチンを守る働きも備えているので、ニキビが潰れてしまった跡や、肌のハリ・弾力を保つ効果を高めてくれます。

実に様々な働きを持ち、多岐に渡る効果が期待されているビタミンC誘導体ですが、種類も多く、さらに配合されている濃度によっても肌への影響が変わります。

その種類と、濃度について探っていきましょう。
 
ビタミンC誘導体について
 

ビタミンC誘導体の種類と、肌への濃度

ビタミンC誘導体成分と言っても種類は様々です。美白ケアを選ぶときは、化粧品の全成分表示に印字されている種類と濃度を確認することもお勧めです。

代表的な種類と、濃度について見ていきましょう

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

水溶性と油溶性の両方の性質を併せもつビタミンC誘導体です。浸透率にもっとも優れており、以前はイオン導入でしか浸透しなかった肌の内部まで、ビタミンCを届けることが出来ます。

ピリピリとした肌への刺激になりにくいため、敏感肌の人でも使いやすいビタミンC誘導体成分です。美白ケアで肌が荒れやすいとお悩みの方にもお勧めですね。

リン酸アスコルビル

水溶性のビタミンC誘導体ですが、油分に近い性質を持っているため浸透力もあり、高い効果が期待されています。

テトラヘキシルデカン酸アルコルビル

油分性のビタミンC誘導体で、クリームやオイルに配合されることが多い成分です。

リン酸アスコルビルよりも浸透には長けていないですが、皮膚の保護など表面にも優れた効果が期待されています。

アスコルビン酸グルコシド

一般的な水溶性のビタミンC誘導体成分で、プチプラコスメと呼ばれる1,000円台の美白ケアにもよく配合される成分です。

肌への効果を疑問視する意見もありますが、肌に悪い成分ではないため、根気よく使っていくことで肌に効果が期待できる場合もあります。

さらに美白ケアを選ぶときには、ビタミンC誘導体の配合濃度も確認しましょう。

高濃度になればそれだけ浸透率も高まりますが、ビタミンC誘導体は皮脂バランスに働きかける作用もあるため、保湿に必要な皮脂部分が減ってしまい、肌が刺激を感じやすくなるという場合もあります。

特に敏感肌、乾燥肌の人は使う頻度や、肌の状態をチェックしながら美白ケアを選ぶことがお勧めです。
 

ビタミンC誘導体成分についてのまとめ

ビタミンC誘導体は様々な働きが期待される、美容に欠かせない成分ですね。

30代を迎えるとシミ・しわなどの年齢による肌トラブルも感じやすくなるので、エイジング対策選びにビタミンC誘導体配合のスキンケアもお勧めです。

種類や、濃度を確認することで自分に合った美白ケア、エイジング対策をとり入れていきましょう。