肌の大敵メラニン色素は、こんな肌トラブルを招きます!
 
メラニン色素が引き起こす肌トラブル
 
スキンケア対策の中で、メラニン色素というシミの元というイメージが定着しています。

特に30代を過ぎると、顔の頬部分を中心にシミが気になってきますよね。そんなシミの元と言われるメラニン色素は肌ですが、私たちの肌には欠かせないものでもあります。

メラニン色素が引き起こす30代の肌トラブルについて考えてみましょう。
 

 

メラニン色素とは

私たちの肌には、肌や髪を黒くする黒色メラニンと、赤から黄色の色彩を持つ肌色メラニンの2種類が存在しています。黒色メラニンが多いと、肌の色が黒に近くなり、髪も黒髪になります。

若い頃は黒髪でも、60代を過ぎると白髪が増えてくるのはメラニン色素を作り出すメラノサイトという組織部分が、加齢によって衰えることで起こる現象です。

メラニンにはあまりいいイメージを持っていない人も多いですよね。黒色メラニンが肌のシミの元と言われていますが、メラニンは私たちの肌を守る大切な働きも持っています。

メラニンの働き

黒色メラニンは太陽の紫外線のダメージから、皮膚を守る役目があります。紫外線を浴びることで発生する肌細胞の癌化や、細胞のDNAを破壊するリスクを防いでくれている欠かせない存在でもあります。

通常黒色メラニンは肌に溜まっても、ターンオーバーで剥がれ落ち、シミのように色素沈着を起こすことはありません。

しかし黒色メラニンを生成するメラノサイト組織が活発化し、黒色メラニンが多く生成されたり、ターンオーバー周期が遅れることによって角質細胞の奥に、黒色メラニンが溜ります。

色素沈着をすることで、シミとして皮膚に目立ち始めます。メラニン色素が過剰に作られてしまうと、シミの他にも以下のような肌トラブルを引き起こします。

  • 肌のバリア機能の低下
  • 乾燥による肌荒れ

紫外線のダメージを受けた肌細胞は、ダメージを修復しようと内側にある水分を使います。

ダメージを直接受けた皮膚はだけでなく、内側からも乾燥が進みやすく、小じわやほうれい線といった年齢肌トラブルにも繋がっていきます。

肌のバリア機能が低下することで、さらに紫外線のダメージが肌細胞まで届きやすくなり、新しいメラニン色素の生成も活発になるという悪循環を招くことも。

メラニン色素の過剰に作り出す紫外線を防ぐ対策と、沈着してしまったシミへの対策方法を探っていきましょう。
 
メラニン色素が引き起こす肌トラブル

メラニン色素が引き起こす肌トラブルの予防と対策

紫外線のダメージを肌細胞が受けると、肌を守ろうとメラニン色素の生成を活発にする酵素をメラノサイトへ送ります。

その活発化の元となるチロシナーセ酵素に注目した美白ケアもあり、黒色メラニンになる前の段階で分解を促す植物エキスを配合したエイジングケアも人気が高まっています。

他にもすでに沈着してしまったメラニン色素を還元する効果が期待されているビタミンC誘導体成分や、肌のバリア機能を高めるセラミド成分が配合されたスキンケアもお勧めです。

特に30代を過ぎた肌は、加齢により肌が乾燥しやすく、紫外線のダメージが肌細胞まで届きやすい状態になります。

美白ケアだけでなく、内側から潤いをサポートするセラミド成分や、潤いを細胞に蓄えるヒアルロン酸などの保湿成分も補うことで、目元の小じわやほうれい線が目立ちにくい、瑞々しい素肌を高めていくことが出来ます。

気温が高い夏以外も、紫外線量が多い時期は注意が必要です。特に春先の3月~5月は紫外線量も多いので、レジャーや屋外に外出する際はUV対策を忘れずに行いましょう。

日焼け止めにはUV‐A波を防ぐSPF値と、UV‐B波を防ぐPA値が表示されています。紫外線を浴びやすい時は、肌細胞まで影響を与えるUV‐B波を防ぐPA値が高い日焼け止めがお勧めです。

しかし敏感肌の人や、花粉症の時期などは肌がデリケートになっているため、強いUVケアを塗るよりも、低い値の日焼け止めを小まめに塗り直したり、パウダータイプで肌負担が少ないものを選ぶことも大切です。

自分の体質、肌状態に合った対策を選んで、メラニン色素の活発化を防いでいきたいですね。
 

メラニン色素についてまとめ

メラニン色素は存在自体が悪いものではなく、肌を紫外線の刺激から守る働きを持つ大切な存在です。紫外線はオゾン層の破壊など環境問題によって、年々肌に受ける影響も強くなっています。

美白ケアだけでなく、紫外線対策で日常から小まめに日焼け止めを塗り直したり、皮膚の乾燥を防ぐ保湿ケアを行うことでもメラニン色素が起こす肌トラブルを改善する効果が期待出来ます。

年齢を重ねても、肌トラブルが目立たない若々しい印象を保ちたいですね。
 

icon-arrow-circle-down商品詳細はコチラからicon-arrow-circle-down
美白訴求