紫外線対策ばかりじゃなく、汗対策もしっかりと!
 
夏の肌トラブルの予防と対策
 
夏時期は湿度も高く、汗による肌のベタつきも気になる季節です。

30代を過ぎるとホルモンバランスも乱れやすく、夏の暑さでもエアコンの温度調節で寒さを感じることも増えますよね。汗をかいた後の肌を放置したり、寒さを感じたまま過ごすと、乾燥や様々な肌トラブルに悩むことも。

夏の肌トラブルと、その予防対策や季節のスキンケアについて探っていきましょう。
 

 

夏の肌トラブルについて

夏場は気温や湿度も高く、不快指数と呼ばれる数値が表示される程、肌にベタつきが残る季節です。暑さと湿気を和らげるためにエアコンを使用する頻度も高く、暑さが厳しい日は屋内で体が冷えたり、肌が乾燥するといった場合も増えてきます。

そのため夏の肌は温度調節のために毛穴が開きやすく、汗をかいた後の皮脂やメイクが毛穴に詰まるため、肌のキメが乱れやすい季節です。

さらにキメが乱れると紫外線によるダメージが角質層に浸透し、肌内部の潤いも蒸発しやすくなるため、湿度はあるのに乾燥に悩んでしまう…という意見も多く聞かれます。

様々な夏場の肌トラブルを避けるためには、どんな対策をすればいいのでしょうか。

紫外線対策のUVケアの選び方

夏の肌トラブルの予防と対策
 
紫外線量が高くなる夏場に欠かせないのが、紫外線対策・UVケアです。現在はスキンケアだけでなく、衣類でUVカットが手軽に行えるような物もたくさん発売されるようになりました。

顔や手元などは、道路や窓から直接入ってくる紫外線を浴びやすいため、衣類だけでなく肌に直接つけるスキンケアでUVケアを行うことが大切です。

日焼け止めは乾燥して肌が荒れてしまうからつけたくない…という声も多く聞かれます。肌質に合ったUV対策のスキンケア選びを探っていきましょう。

紫外線には、UV‐A波とUV‐B波の2種類があり、それぞれが肌へ影響を及ぼします。

 

  1. UV‐A波
  2. 肌の奥深くまで届きやすく、シミの元となるメラニン色素を肌細胞の奥に蓄積させます。

    メラニン色素だけでなく、じわじわと弾力の元となるコラーゲンを変化させることで、年齢を重ねる度に目元の小じわ、ほうれい線などくっきりと目立たせてしまう場合もあります。

  3. UV‐B波
  4. 皮膚に赤みや痒みなどの炎症を引き起こし、肌表面にダメージを与えます。

    日焼けした後に肌が黒く変化するのもUV‐B波によるものです。皮膚にダメージを与えることでメラニン色素を活発化させる働きを持ちます。しかし肌細胞の深部まで影響を及ぼすことは少ないため、UV‐A波より長く時間の影響はありません。

 
UV対策はこの2つの紫外線を防ぐケア、特にUV‐A波を防ぐ対策が大切です。

SPF値はUV‐B波に対しての数値なので、30代を迎えた年齢肌対策として、PA値の高いUV‐A波対策も出来る日焼け止めスキンケアを選ぶのがお勧めです。

また日焼け止めによる乾燥が気になる人は、配合成分を確認してみましょう。紫外線吸収剤は肌を乾燥させてしまうことが多いため、紫外線錯乱剤を使用したUVケアは肌負担も少ないので敏感肌の人にもお勧めです。

紫外線の他にも、汗をたくさんかく夏場は『塩害』という肌トラブルが起きやすい時期です。塩害と肌トラブルの繋がりを見てみましょう。
 

塩害と肌トラブルとは?

夏の肌トラブルの予防と対策
 
塩害とは、汗を大量にかくことで汗に含まれるミネラル分が肌に残り、痒みや赤みといった炎症を起こす肌トラブルです。

特に敏感肌の人は塩害で刺激が起こりやすく、皮膚の薄い頬の高い部分や小鼻周りなどに赤みが残ることも。汗をかいた後は、コットンや、ガーゼ素材の肌に優しいタオルで汗を小まめにふき取りましょう。

摩擦で肌負担にならないように、ポンポンと軽く叩くようにするのがお勧めです。崩れたファンデーション部分はUV数値のあるフェイスパウダーを軽く乗せると、濃い仕上がり防げるので自然に見せることが出来ます。

痒みや赤みが残ると、気になって触ってしまうこともありますよね。何度も触ると肌に刺激になるため、なるべく控えましょう。スキンケアで肌の内側からバリア機能を高めることもお勧めです。

夏の肌トラブルの予防と対策まとめ

夏場は気温や湿度が高いため、紫外線量も増えて肌に負担が増える時期ですよね。紫外線対策のUVケアも日常使いや、屋外のアウトドアやイベント用などの使い分けをすることで肌負担が少なく、肌荒れを防ぐことが出来ます。

SPF値、PA値に加え、紫外線をどう防ぐ成分が入っているかを確認することで、夏場の乾燥にも繋がります。

そのようなダメージから、お肌を守るためには、肌バリアの機能を高めてくれるセラミドが配合された小林製薬のヒフミドや敏感肌の方でも美白ケアが可能なディセンシアのサエルなどがおすすめです。

どちらも実際に使って試せるお試しセットが販売されていますので、夏場のスキンケアが気になっている方はチェックしてみてください。

30代は紫外線のダメージでメラニン色素が肌奥深くへどんどん蓄積されていく年齢でもあるので、自分にあった紫外線対策活用し、年齢を重ねてもシミや小じわが目立たない、若々しい素肌を保ちたいですね。

また、夏同様に肌の乾燥が著しくなる冬の肌トラブルにも気を付けたいものです。夏は屋内での冷房の乾燥、一方、冬は外気の乾燥と、乾燥の原因に違いがありますが、お肌にとって潤いが奪われてしまう大敵には変わりありません。

そんな夏も冬も、保湿ケア化粧品で、大事なお肌にしっかりと潤いを与えてあげてください。
 
夏の肌トラブルの予防と対策