環境の変化による肌トラブル
季節や年齢、環境などの変化は、肌トラブルの大きな要因になってしまうので注意が必要です。

顔はいつでも外部の空気にさらされているために、肌荒れなどのトラブルが発生しやすい場所だと言われています。ちゃんとケアしているのにお肌の調子が良くないというときには、そんな目に見えない変化を疑ってみてください。
 

季節の肌トラブル

日本は四季がはっきりとしている国で、それぞれの季節を愛でるのにはいい環境といえます。しかし、シーズンがはっきりしていることで、そのシーズンごとに異なった肌トラブルが発生していまします。

特に注意が必要なのは、肌が一番嫌がる乾燥が激しい冬。寒さばかりではなく、肌トラブルが発生しやすい乾燥も厳しくなる季節です。

冬に次いでお肌に厳しい季節は、冷房で乾燥してしまう夏。さらに乾燥した肌に紫外線を浴びてしまえば、紫外線の攻撃から肌を守るのにも一苦労。

また、その紫外線のダメージが秋に出てきて、肌の調子がおかしくなったり、春は春で花粉が飛び散ります。

肌のバリア機能がしっかり整っていないと、花粉をブロックすることもできずその刺激で肌はダメージを受けてしまったり、紫外線も強くなり始め、その攻撃も受けてしまいます。

このような美しい日本の四季も、お肌には脅威がいっぱい。スキンケアはその季節ごとに注意しながら行うことが必要です。
 

 

年齢や環境の変化による肌トラブル

10代、20代の若い頃には、何もしなくてもお肌はウルウルのツルツル!でも、残念ながらいつまでもそのお肌は続いてくれません。

20代後半から30代に入ってくると、そろそろお肌の老化が始まってきます。新しい肌を生んでくれるターンオーバーも乱れ始め、肌内部で作ってくれていた保湿因子も減少・・。

まだ、大丈夫と思っていても、肌の乾燥が気になってきたり、よく見るとシミやしわが現れ始めていることもあります。

また、環境の変化で、気づかないうちに溜まったストレスや、食生活の乱れ生活習慣の乱れからもお肌に大きなダメージを与えてしまします。

参考>>お肌が老化する3つの原因

色々な肌トラブルのケア

室内に加湿器を設置して、お肌を乾燥しないようにしたり、保湿成分を配合したスキンケアを施す等の方法があります。強烈な紫外線は皮膚を損なう作用があり、シミやクスミが増えたり、肌のくすみが目立つようになったりします。

市販の紫外線対策グッズはたくさん市場に出回っていますが、それらを活用しても、肌荒れは起きるものです。肌トラブルを解消するためには、肌を外側からケアすると同時に、内側からのケアも重要なものです。

ビタミンCは美肌効果の高い成分としてよく知られており、果物や、野菜から摂取できますが、サプリメントでも人気です。食事だけでは栄養バランスが整わないという場合は、サプリメントでの栄養補給が役立ちます。

緑茶のほか、ローズヒップティーは美容成分を効率的に摂取することが可能です。水分をきちんと摂取したほうが水分不足にならずに済みますし、その上ビタミンCが含まれていれば安心して受け取れます。

肌を紫外線からガードすることはお肌のためにも重要なことですが、乾燥している皮膚に手を出さずにいると、結果的に問題が悪化することもあります。紫外線が皮膚に到達しないようにしたり、お肌を乾燥させないためのスキンケアをするなどの工夫が大事です。

紫外線が引き起こす肌トラブルの対策

効果的な美白ケアには色々な方法がありますが、まず意識しなければいけないことは、紫外線を遮断し肌を守ることです。紫外線を無防備に浴びてしまうと、肌内部でメラニンの生成が促されて、シミやくすみの原因になります。

紫外線の下で活動する時間を減らしたり、日傘や、つばの広い帽子をかぶるなどして、肌をガードしましょう。夏の強い日差しに限らずとも、太陽の光には常に紫外線が含まれているため、曇りの日や、夏以外の季節でも、紫外線対策を講じることが重要です。

美白化粧品を活用したスキンケアも、シミやくすみ解消に対しては有効です。美白ケアのための化粧品には、メラニンの生成を抑制する働きと、出来てしまったシミを薄くする働きを持つものがあります。

ハイドロキノンや、ビタミンC誘導体は、肌の白さを高めてくれる成分であると言われています。ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、ケアをする際には化粧品に配合されている濃度に気をつけるようにしましょう。

アルプチン、トラネキサム酸、コウジ酸、カモミラETなどの成分が、メラニン色素の生成をブロックする作用があります。ただし、新しくメラニンが生成されないようにしてくれる美白の成分は、現状のメラニンが減少するような影響を与えることはできません。

美白効果がある化粧品を使っているのに、お肌の状態が変わらないのは、化粧品選びに問題があることがあります。どのような美白成分が配合されているのかを確認した上で、肌の悩みに合った化粧品を選ぶことが大切です。