飛散する花粉は、お肌にも大敵です!
 
春の肌トラブルの予防と対策
 
季節の変わり目、特に春は花粉症などデリケートな肌トラブルを抱えている人も多いですよね。

暖かくなり、気持ちが明るくなりやすい季節ですが、節目の季節でもあるため多忙によるストレスを溜めこんでしまうことも多いです。30代に入ると、体内の代謝機能が衰え始め、気温差が激しい春先などは肌もデリケートになることも。

春の肌トラブルの原因と、その予防と対策など、季節のスキンケアについて探っていきましょう。
 

 

春の肌トラブルについて

春先に感じやすい肌トラブルは、乾燥や、痒み、吹き出物など様々に渡ります。冬に続いて空気が乾燥しやすく、朝晩、毎日の気温差も激しい時期ですが、体がまだ変化についていくことが出来ず、免疫力も低下しやすいので肌にとっても敏感な季節です。

1年の中でも多くの人が環境が変わる季節であり、慣れない環境のストレスを溜めやすいので、ストレスを感じている人程、吹き出物や、痒みといった肌トラブルが出やすい傾向にあります。

春先からゴールデンウィーク辺りまで、花粉症に悩む人も多いですよね。花粉症になりやすい人は、春の肌トラブルにも注意が必要です。

お肌も花粉に注意

 
春の肌トラブルの予防と対策
 
多くの現代人が抱える花粉症も、1年の中で3月~5月初めまでが最盛期となるため、肌の痒み、赤みに悩んでいる方も多く、普段のスキンケアにピリピリと刺激を感じてしまう人も。

花粉症は、体内に入り込んだ花粉を異物と免疫細胞が勘違いし、アレルギー反応を起こし、花粉を体外に排出するよう鼻水、涙、発熱など症状が起こります。

アレルギー反応が起きている状態の肌は、デリケートになっているため、刺激に弱く、普段使用しているスキンケアの成分やお手入れ時の摩擦でも過敏に刺激を感じてしまい、荒れてしまう場合もあります。

花粉症ではない人も、春先は黄砂やPM2.5などのアレルギー物質が空気中に舞う季節なので、肌に刺激を受けやすくダメージを受けた皮膚は乾燥していきます。

冬の空気が乾燥しやすい時期だけではなく、春になっても肌が乾燥してしまう要因があるのです。

icon-arrow-circle-downお肌の花粉対策にicon-arrow-circle-down
【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

春の紫外線量と予防

春の乾燥は刺激で起こる原因の他にも、紫外線によって引き起こされることもあります。紫外線量は3月頃から強まり、5月になると7~8月の夏時期とほぼ同等量の紫外線になります。

春は過ごしやすい気温の季節ですが、紫外線のUV‐A波は肌の奥の角質層まで浸透し、肌細胞にダメージを与えて、シミの元となるメラニン色素の活動を活発化させる働きがあります。

肌細胞がダメージを受けると角質層の細胞が水分を溜め込みにくく、潤いが蒸発しやすい状態になってしまいます。保湿ケアをしても、乾燥してしまうのは悲しいですよね。

暑さを感じない季節でも日差しが強い日は小まめに、日焼け対策をとっていくのがお勧めです。
 

春のスキンケアの注意点

乾燥しやすく、紫外線量も多い春は、保湿・美白・UV対策のバランスが大切です。花粉症や肌トラブルなど頻繁に起こしやすい時は、保湿ケア+UV対策を中心にするのがお勧めです。

UVケアもSPF値やPAの値が高いものは、肌にかなりの負担となり、クレンジングもしっかりと行う必要があります。デリケートな状態の時は、値が低いSPF30~38、PA++のようなUVスキンケアを小まめに塗り直して使うのがお勧めです。
 
春の肌トラブルの予防と対策
 
最近ではクリームタイプのUVケアだけでなく、パウダータイプの付け心地の軽い美容成分入りのUVフェイスパウダーも販売されているので、手軽に化粧直しを行うことが出来ます。

洗顔石鹸だけで落とせる肌に優しいミネラルコスメも増えてきているのが嬉しいですね。

さらにシミの元となるメラニン色素が多くなる…と聞くと美白ケアを始めたくなりますよね。美白ケアは皮脂を抑える働きを持つ成分や、肌負担が多い美容成分もあるので、炎症を起こしやすい肌には控えましょう。

先に保湿ケアを行うことで、肌のキメや内側のバリア機能を高めると、美白ケアがより浸透しやすい状態に導いてくれます。

美白ケアに物足りなさを感じていたり、乾燥による肌トラブルに悩む時は、内側から潤いと、刺激に敏感な肌に働きかけるバリア機能を高めてくれるスキンケアもお勧めです。
 

icon-arrow-circle-downバリア対策&美白ケアicon-arrow-circle-down
【安全安心美白訴求】サエルトライアルセット

 

春の肌トラブルの予防と対策まとめ

春の肌トラブルは紫外線や、花粉、黄砂などの外からの刺激と、環境のストレスなど体の内側からの両方から影響を受けています。

30代に入ると肌のバリア機能は低下し始めるので、外からの刺激を受け、シミの元となる紫外線のダメージも蓄積していきます。

年齢を重ねてもシミのない瑞々しい肌を保ちたいですよね。春の肌トラブルを予防して、刺激に負けない潤い素肌を目指しましょう。

また、冬と夏といった肌バリアにかなりのダメージを負わせる季節のはざまにある秋も、過ごしやすいいいシーズンだからといって、肌トラブルに対する気持ちを緩めてはいけない季節です。

どうしても、春や秋といった過ごしやすい季節は、何事にも気を抜いてしまいがちですが、お肌にとっても気のゆるみは禁物です。大切なお肌を守るためにも、春夏秋冬気を抜かずに、季節に合ったお手入れしてください。
 

 
春の肌トラブルの予防と対策