目の周りのシワ・たるみ対策におすすめ エクササイズ

 
目の周りのシワ・たるみ対策におすすめ エクササイズ
 

年齢と共に、肌の状態の衰えを感じることはありませんか?

顔にシワや、たるみが増えると、実年齢よりも年上に見られたり、不機嫌な印象を与えてしまうことも…。

特に目元は皮膚が薄く、30代を過ぎると目尻に小ジワや、目の下のたるみが目立つことも多くなります。

今回はそんな目の周りの年齢肌トラブルに、有効的なエクササイズや、生活習慣などをご紹介します。

 

 

目の周りがシワ・たるみやすい原因とは?

目の下の皮膚はわずか厚さ2mm程度と言われ、顔の中でも大変薄い部分です。

また目の周りは瞬きをしたり、表情を作る筋肉運動が活発に行われているため、筋肉に疲れが溜まりやすく、衰えやすい部分でもあります。

その他にも、シワやたるみの原因にはこんな行動も…

 
 icon-hand-o-right こんなことありませんか?

  • クレンジングの際の摩擦や、過度の刺激
  • スマートフォンや、パソコンの長時間に渡る使用
  • コラーゲンなどの肌のハリ・弾力を高める成分の減少…など

 
目の周りの筋肉『眼輪筋』(がんりんきん)は、玉ねぎのように輪のような筋肉が目を囲むように支えているため、細かいシワが寄りやすくなっています。

目尻の小ジワ、目の下のたるみを改善に効果的な、眼輪筋のエクササイズを見てみましょう。

眼輪筋(がんりんきん)の疲れを癒す、エクササイズ

眼輪筋は、長時間のパソコンや、スマートフォンの使用で緊張状態が続くと、動きが硬直し元の状態へ戻りにくくなるため、小ジワやたるみの原因を作りやすくなります。

若い世代でも目の疲れを感じる人が多いのは、目の酷使が原因とも言われますよね。

老けた印象になるのも、眼輪筋に疲れが溜まっているからとも言われています。

そんな眼輪筋の疲れを癒し、衰えにくくするエクササイズをご紹介します。

眼輪筋を緩めるエクササイズ

  1. 目を軽く閉じ、2~3回深呼吸を繰り返します。
  2. 目をゆっくりと開け、ボーっと瞼を半開きにするように力を入れずに、3秒キープ。
  3. 今度は目に力を入れるように、グイッと見開き、3秒キープ。
  4. 2の動きに戻し、徐々に力を抜いていきます。最後はまた軽く目を閉じ、深呼吸。
  5. 1~4までの動きを3セット程繰り返して、終了です。

眼輪筋の衰えを鍛えるエクササイズ

  1. 正面を向いたまま、口をポカーンと開けて、目線だけ上に向けます。
  2. 鼻の下を伸ばしながら、頬の筋肉が下げるように意識して動かします。
  3. そのまま、下まぶたを上げるように目を細める仕草をします。5秒キープ。
  4. ゆっくりと顔の筋肉を戻していきます。1~3の動きを、3セットして終了です。

上記のエクササイズをすることによって、緊張状態あった筋肉が緩んで鍛えやすくなり、目の周りに溜まった疲れを解消してくれる効果が期待出来ます。

鍛えるエクササイズだけでは、筋肉が硬く、表情がこわばりやすいので、一緒に緩めるエクササイズと合わせて覚えるのがおすすめです。

目の周りのシワ・たるみ対策には、マッサージした方がいい?

シワやたるみが気になると、ついグイグイとマッサージをしたくなりますよね。

目の周りは皮膚が大変薄く、血管やリンパ節が入り組んでいるので、強い力をかけたマッサージをすると、余計にシワ・たるみを目立たせてしまう原因となります。

目の周りは優しい力加減で、目の周りを内側から外側へ、グルッと大きくなぞる程度のマッサージに留めておきましょう。

その際はアイクリームや、乳液などで摩擦を軽減させ、スムーズに滑らせることも大切です。

目の周りのシワ・たるみケアにおすすめ、生活習慣のポイント

小さなことでも、目の周りの筋肉が疲れを感じて、硬くなり、シワ・たるみの原因となっている可能性があります。

簡単に出来る生活習慣のポイントなので、チェックしてみてくださいね。

  • クレンジングの際は、ポイントメイク専用クレンジングとコットンを使って、アイメイクを落とすようにする。
  • 長時間連続したパソコン、スマートフォンの使用は避け、目を休憩させる時間をとる。
  • 眼輪筋を緩める・鍛えるエクササイズを行い、疲れが溜まらない状態へ導く
  • スキンケアでは無理にマッサージせず、アイクリームなどで優しく滑らせるようにケアを行う。

目の周りのシワ・たるみ対策におすすめ エクササイズまとめ

目の周りのシワ・たるみ対策におすすめ エクササイズ

シワ・たるみは加齢と共に、誰にでも起こる肌トラブルですが、小まめに気をつけるだけで目立たなく、若々しいハリのある印象へと変わることが出来ます。

特に目の周りの筋肉は衰えやすく、シワ・たるみが現れやすいポイントです。

毎日の生活習慣でシワ・たるみケアを行いながら、明るいクリアな目元を目指していきましょう。
 

JIMOS coyori(コヨリ)美容液オイル