夏が過ぎ、過ごしやすい季節になってきたといえども、お肌には油断大敵!秋のスキンケア
 
秋の肌トラブルの予防と対策
 
秋は残暑の厳しい日差しがある昼間と、涼しい朝晩の気温差が激しく、知らない内に肌に負担をかけやすい季節です。

特に夏場の紫外線のダメージが肌に残っていることも多く、皮脂のざらつきや、粉っぽくファンデーションが浮いてしまうことも。

そんな秋の肌トラブルの原因や、予防対策などを詳しく探っていきましょう。
 

 

秋の肌トラブルについて

秋は夏の強い紫外線のダメージを受けたまま、肌が弱っている場合も多いです。

特に30歳を過ぎると肌のバリア機能が低下し始めるため、紫外線が肌の内側まで入り込みやすく、細胞の潤いを蒸発させてしまいます。

ダメージを受けて乾燥した肌は、角質層のキメが乱れやすく、保湿ケアをしても潤いが感じられなかったり、そのまま紫外線を浴び続けると小じわや、シミの原因になることも。

季節の変わり目で気温差が激しくなると、肌がピリピリしたり、刺激を感じることもありますよね。これも肌のバリア機能が低下することで、皮膚がデリケートになっているサインです。

夏場に受けた紫外線の肌対策を探っていきましょう。
 

夏に痛めたお肌のケア

紫外線対策で日焼け止めを小まめに塗り直しても、すべての紫外線を防ぐことは難しく、目や肌から紫外線のダメージが少しずつ内側の肌細胞に溜まっていきます。

紫外線のダメージが蓄積された肌対策には、保湿と美白の両方のケアが大切です。

保湿ケア

紫外線のダメージを受けた肌は、肌の内側の水分を溜め込む細胞を傷つけられ、潤いを維持しにくい状態になります。

水分を与えるだけでなく、潤いの蒸発を防ぐバリア機能を高めるセラミド成分が配合されている保湿ケアを選ぶのがお勧めです。

また肌の弾力に欠かせないコラーゲンや、水分保持力を持つヒアルロン酸が配合されることで、潤いが高まりもっちりとした質感の肌へ導きます。

美白ケア

紫外線が肌にダメージを与えることで、シミの元となるメラニン色素の活動が活発になり、肌の奥深くで蓄積されることで大きく濃くなる場合もあります。

そうなる前に美白ケアを始めることで、透明感を引き出し瑞々しい素肌を高めることが出来ます。

シミになる前のメラニン色素を薄く目立たなくさせる効果が期待させるビタミンC誘導体や、メラニン色素を活発にさせる酵素の分解に働きかける成分など、シミを作らせない肌作りにも美白ケアはお勧めです。

バランスよくケアする

保湿と美白ケアはそのバランスも大切です。

美白ケアで乾燥を感じてしまうケースもあり、赤みや痒みなど肌トラブルを抱えている場合は、先に保湿ケアで鎮静を促すことが必要となります。

保湿ケアが行き渡った状態の肌は、より美白ケアの浸透を高めてくれます。秋から冬への乾燥対策としても、保湿ケアは欠かせない部分ですね。
 

やってくる冬のための予防対策

冬場は冷たい外気や、室内の暖房などで1年の中でも一番乾燥する季節です。肌も小じわや、乾燥による粉ふきも起きやすいため、保湿ケアが欠かせません。

秋は冬の乾燥対策を高めていく準備として、保湿ケアの他に肌負担の少ないメイクや、クレンジングを心がけるのもお勧めです。

保湿ケアをしているのに、乾燥を感じる…、メイクが粉っぽく浮いて見える…と悩む方は毎日のメイクで、保湿ケアを活かしきれていない可能性があります。

メイクで保湿ケアを高める方法

秋の肌トラブルの予防と対策
30代を過ぎると肌はシミや、小じわが出来やすく、ファンデーションやコンシーラーなどカバー力のあるメイクをしたくなりますよね。

カバー力があるメイクはクレンジングもパワーのあるものを使わないと落ちにくいため、肌負担も大きいです。洗顔石鹸で落ちる肌負担の少ないミネラルファンデーションや、下地を使うことで肌にかかる摩擦が少なく、紫外線のダメージを受けた肌の回復をサポートします。

ミネラルコスメは保湿成分を配合している物が多く、肌のバリア機能を高めるセラミド成分を配合したベースメイクもあります。刺激に敏感な肌にも優しく使えるのが嬉しいですね。

肌負担を減らすことで外側からも保湿ケアを促しながら、内側の肌本来の保湿力を高めて、冬の乾燥へ準備をしていきましょう。
 

icon-arrow-circle-downおすすめミネラルファンデicon-arrow-circle-down
(ETVOS)ミネラルファンデーション スターターキットM

 

秋の肌トラブルの予防と対策まとめ

秋は夏の激しい暑さから少し解放されて、UVケアを忘れがちです。秋も昼間の強い日差しは紫外線量も多いので、小まめに紫外線対策を行うことが大切です。

特に30代を過ぎた肌は、シミや小じわなど年齢肌のトラブルが目立ち始めます。無理やり隠すのではなく、肌の内側から保湿・美白ケアのバランスをとりながら、透明感のある素肌を目指していきましょう。

また冬の乾燥にも備えて、肌本来の持つ保湿力を高めることで、冷たい外気や、暖房の乾燥にも負けない肌作りを心がけていきたいですね。
 
秋の肌トラブルの予防と対策