なんだか最近、肌の乾燥が気になる・・と思ったら!
 
30代からの乾燥肌
 
30代を過ぎると、頬や、口周り、鼻の頭部分など、皮膚の薄い部分を中心に乾燥を感じることが増えてきます。

若い頃は皮脂が多くて悩んでいたのに、こんなに乾燥で悩むなんて…と驚く方もいるのではないでしょうか。年齢を重ねるとなりやすい乾燥肌が引き起こす肌トラブルやその原因と対策について探っていきましょう。
 

 

30代からの乾燥肌とは…?

10代、20代は脂性肌に悩んでいた方も、30代を過ぎてメイクの仕上がりが粉っぽくなったり、内側の潤いを物足りなく感じることはありませんか?

脂性肌や、乾燥肌といった肌質は年齢を重ねることでも変化していきます。皮脂分泌が活発になりやすい10代、20代は肌の代謝も盛んに行われているので、内側の潤いを保ちやすく、皮膚が乾燥している状態にもなりにくいので、ツヤ、ハリがある瑞々しい肌が長時間キープ出来ます。

30代を過ぎて急に乾燥しやすくなった…と感じる大きな原因の1つに、潤いを保つのに欠かせない肌のバリア機能の減少があります。

乾燥肌の原因とは?

乾燥していると感じる肌の潤い不足の原因には、肌のバリア機能の減少が関わっています。肌のバリア機能は紫外線や、外の刺激から肌を守り、内側の水分の蒸発を防いでくれる潤いを保持するために欠かせない機能です。

しかし、精神的なストレスや、肌のターンオーバー周期の遅れなどから、肌のバリア機能を体内で生成してくれるセラミド成分が減少し、紫外線のダメージの影響を受けやすくなります。肌のターンオーバーは年齢を重ねる毎に周期が遅くなるので、セラミド成分がどんどん減少し、潤いが保持しづらくなります。

特に仕事や、育児などの環境ストレスなどが多い30代の女性は、脂性肌の方でも、乾燥を感じることが増え、年齢肌のトラブルを抱える原因にもなります。

乾燥肌になってしまうと

乾燥肌になると、刺激を肌が感じやすくなるため、紫外線や、冷たい外気、花粉などによる肌ダメージが肌の皮膚だけでなく、内側にも影響を及ぼします。

紫外線のダメージを肌細胞が直接に受けて、角質層にシミの元となるメラニン色素が活発化し、皮膚の薄い目元、頬の高い位置にシミが増えたり、肌全体のくすみを引き起こすことも。

さらに肌のダメージを修復しようと、肌のハリや、弾力に欠かせない水分が内側から蒸発してしまうため、潤いが不足し、目尻や、口元、ほうれい線などシワが現れます。

乾燥を感じてせっかく水分保湿をしても、潤いが蒸発してしまうのは悲しいですよね。潤いをキープさせるための乾燥肌対策を探っていきましょう。
 
30代からの乾燥肌

潤いの持続を高める乾燥肌対策とは?

水分を肌に溜め込んで、蒸発を防ぐことによって内側から潤いをキープしていきましょう。そのためには、肌のバリア機能を高めるセラミド成分配合のスキンケアで、乾燥肌対策を行うことがお勧めです。

セラミド成分にはたくさんの種類があり、中でもヒト型セラミドという、肌本来のセラミド成分に近い構造を持つ成分は、肌馴染みも良く、浸透力も高めてくれます。

さらにセラミド成分とともに、優れた保水力を持つヒアルロン酸と、水分と水分を繋ぎ合わせ、弾力に欠かせないコラーゲンの配合された保湿ケアを選ぶと、年齢肌のトラブルの改善に繋がり、小ジワ、ほうれい線の目立たない肌へ、内側からハリを高めてくれます。

乾燥肌対策として、スキンケアにプラスして取り入れたいのが、質の良い睡眠時間の確保です。何かと時間に追われて睡眠時間が少なくなりがちですが、肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に眠ることで、ターンオーバーを整える効果が期待されています。

22時~2時の約4時間のあいだにより多くの睡眠をとることで、肌細胞の成長を促すホルモンが分泌されやすくなるので、肌の新陳代謝が活発になり、年齢肌のトラブルを防ぐ働きを高めます。

寝る前のパソコンや、スマホの使用を控えることでも、リラックスしやすくなり、質の良い睡眠に入れるのでお勧めです。

30代からの乾燥肌まとめ

10代、20代の頃と比べて、30代に入ると時間に追われやすく、日常のストレスも多いですよね。環境が変わることでも肌質は変化しやすく、皮脂が多い方でも、頬だけ乾燥していたり、鼻の頭の皮膚がめくれたり、隠れ乾燥肌の方も多いです。

乾燥肌を放置してしまうと、紫外線のダメージもどんどん蓄積され、シミが増えたり、今あるシミが濃く広がってしまうことも。乾燥によって出来た小じわや、ほうれい線がくっきり出てしまうのも、老けて見られる原因となってしまいます。

そんな乾燥肌対策には、肌のバリア機能を高めてくれるヒフミドや、米肌(マイハダ)といった化粧品がおすすめです。

小林製薬のヒフミド

小林製薬から発売されているヒフミドは、乱れてしまった肌バリアの機能を高めてくれるセラミドの中でも、より人のセラミドに近い、3種類のヒト型セラミドを配合して、潤いを1日中保ってくれると評判です。

もし試してみたかったら、1週間分のヒフミドのトライアルセットが通販で販売されていますので購入してみてはいかがでしょう。

コーセーの米肌

コーセーの米肌は、セラミドを肌内部で増大させながら、保水機能を高めていってくれるライスパワーNO.11という、お米由来の成分が主成分になっています。

また、保水効果ばかりではなく、肌のくすみや、乾燥で広がってしまう毛穴トラブルにも効果が見込めます。

米肌もお試しセット(14日分)が通販で販売されています。

まだエイジングケアには早いかも…と悩んでいる30代の方も、しっかりと保湿する乾燥肌対策を早めに始めることで、40代、50代と年齢も重ねても、若々しいハリのある美肌へ高めていきましょう。