エイジングケアはまだ早い?30歳を過ぎたらあなたに合った基礎化粧品選びを始めましょう!
 
30代からの基礎化粧品
30代は肌トラブルも増え、エイジングサインと呼ばれるしわや、シミが目立ち始める年代です。

20代とどう違うスキンケアが肌に合うのかわからない…、普段使う基礎化粧品が肌に合わなくなってきた…と悩みを抱えることはありませんか?

まだエイジングケアは早いと思う人も30歳を過ぎたら要注意です。肌の変わり目と呼ばれる年齢は27~29歳と言われています。

そんなエイジングケアのために、年齢に合った基礎化粧品の選び方を探っていきましょう。
 

 

30代に使いたい基礎化粧品

30代は肌の変化が目に見えて分かる時期です。目尻や頬の高い位置に薄くシミが見えたり、ほうれい線や顔全体が下がってたるんだ印象になることも。

少し老けたかも…と印象に悩むこともありますよね。30代に使いたい基礎化粧品を見てみましょう。

20代はクレンジングの後のスキンケアは、化粧水と乳液だけで済ませる人も多かったのではないでしょうか。

30代のエイジングケアに必要なのは、美容液、クリームや美容オイルです。基礎化粧品の順番で見てみると…
 

クレンジング・洗顔→化粧水→美容液→乳液、またはクリーム→美容オイル

といった順番が一般的です。

 
美容液はしわの目立つ部分にハリや、弾力を高めるコラーゲンヒアルロン酸などの美容成分が配合されたものや、シミ対策としてビタミンC誘導体成分など美白ケアもお勧めです。

クリームや、美容オイルは乳液の代わりに使ったり、肌状態によって美容液→美容オイルという使い方も出来ます。

自然由来の植物性オイル100%のオイルもあるので、刺激に敏感な肌の人でも使いやすいのが嬉しいですね。

しかし基礎化粧品が増えると、スキンケアにかける時間が増えて面倒…、忙しい朝の時間帯は丁寧にケアが出来ないという意見もありました。

しわやシミが大きく目立たない肌になぜエイジングケアが必要なのでしょうか。

エイジングケアを意識しましょう

エイジングケアはしわや、シミが目立ち始めた段階で始めるのが大切です。

特に30代の肌は肌のバリア機能が低下し始め、肌に必要な皮脂量が10代と比べると減少します。

肌が乾燥することで、紫外線のダメージが肌の内側にどんどん蓄積し、シミの予備軍が知らない内に隠れていることも。

エイジングケア肌のバリア機能を高めるセラミド成分や、新しいシミの予防に効果が期待されている美白ケア、コラーゲンなどハリ・弾力に欠かせない美容成分を配合しているので、エイジングサインが出始める30代こそ使い始めるのがお勧めです。

エイジングケアの基礎化粧品もたくさん種類がありますよね。ベースのものから、ポイント使いのものまで用途も様々です。

基礎化粧品の揃え方を探っていきましょう。

基礎化粧品の揃え方

自分の肌質に合うものを探していたら、どんな化粧品が肌に合うのかわからなくなった…という経験はありませんか?

基礎化粧品は種類も多く、価格も様々で迷いますよね。今回はエイジングケアの選び方に絞って、基礎化粧品の揃え方を探っていきましょう。

まずはエイジングケアで一番とり入れたい成分を選びます。
 

 icon-caret-right あなたが選びたい美容成分は?

  • 粉がふいたような乾燥が気になる…セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど
  • 肌のハリ・弾力が物足りない…レチノール、コラーゲン、プラセンタなど
  • シミや、毛穴の黒ずみが気になる…ビタミンC誘導体、レチノールなど

 
上記の成分が配合された基礎化粧品をベースにして、数を絞りましょう。その中からテスターやサンプルで、使い心地などを試してから揃えていくのがお勧めです。

エイジングケアは高濃度のものや、潤いを与えるためしっとりとした仕上がりの物が多く、ベタ付きが気になる…、肌に残ってニキビが出来てしまったという意見もありました。

すべての乾燥の原因が油分の減少ではないので、美容オイルが肌に合わないという人もいます。毎日使う物なので、自分に合った使い心地も重要ですね。

また刺激に敏感になりやすい人には、アルコールや防腐剤などの添加物も合わせてチェックするのがお勧めです。

スキンケアは、同じシリーズで全部揃えるべきだという意見もありますが、必ずしもそうとは限りません。

特に女性の肌は1か月の中で、女性ホルモンのバランスが変わり、生理前の刺激にデリケートな時期もあります。

短い時間で変化するゆらぎやすい肌は、いつも同じケアではなく、その時々で肌に馴染むスキンケアも変わっていくのです。

肌に必要な成分を参考にしながら、30代のスキンケアに適した基礎化粧品を選んでいきましょう。
 

30代におすすめのスキンケアブランド【ディセンシア】

30代からの基礎化粧品まとめ

30代からの基礎化粧品
30代からの基礎化粧品は、クレンジング後の化粧水と、乳液だけでは、肌が乾燥し潤いが外へ逃げてしまいます。それを補う美容液や、クリーム、オイルの存在が必要になるんですね。

夏場は美容液の後は乳液だけで、油分をとり過ぎないようにしたり、乾燥しやすい冬は美容液、クリーム、オイルと肌をしっかり守る様に調整していくことも大切です。

エイジングケアをうまくとりいれて、シミやしわの目立たない肌作りを目指しましょう。

 

クラウンセルクリームの効果と使い方