30代からの保湿ケアにはこんな成分配合の化粧品がおすすめ!
 
30代の保湿化粧品
30代に入って、急に肌が乾燥したように感じる…、メイクをしたばかりなのに粉がふいたようになってしまう…といった時、どんなうるおい対策を取ればいいのかと迷う事はありませんか?

保湿ケアをしていても、20代と30代の肌は乾燥の原因が異なり、30代の肌に合わせた保湿化粧品を使うことが大切です。

30代に必要な保湿には、どんな成分があるのでしょうか。保湿スキンケアも合わせて、探っていきましょう。
 

 

30代の保湿について

20代を過ぎると肌の内側には紫外線によるダメージが蓄積し、30代を迎える頃には様々な肌トラブルとなって現れます。

10代や20代は乾燥がほとんど気にならなかったのに、急に潤いがなくなったように感じるという人も多いのではないでしょうか。

30代に起こる乾燥の原因に、肌のバリア機能の減少があります。

肌のバリア機能は、肌の内側にある水分保持に欠かせない機能ですが、紫外線のダメージや、ターンオーバー周期の乱れが原因となり、30代を迎える頃から減少し始めます。

保湿ケアをしても肌に潤いが感じられない時は、この皮膚表面のバリア機能が低下することで、内側の潤いがどんどん蒸発してしまっている状態です。

せっかく保湿ケアを行っているのに、潤い成分が逃げてしまうのはもったいないですよね。

30代の肌に合った保湿スキンケア商品を探っていきましょう。

30代におすすめの保湿化粧水

30代の肌は20代の肌との変わり目にあたり、老化が始まるエイジングサインが現れる頃です。

しかし30代の肌は40代以降の老化が進んだ状態よりも肌本来の力があり、ターンオーバーも周期的に行われているため、過度のエイジングケアを行うとニキビや肌トラブルを招いてしまうことも

化粧水は水溶性の成分が配合されているので、それだけで保湿ケアを完全に行うことは出来ません。

肌に水分を与えて、その後の美容液や、クリームの肌馴染みをよくする役目があるので、しっとりと肌に潤いが残るものがお勧めです。

肌にベタつきが残るような使い心地は肌トラブルの元にもなる場合があるので、見直してみましょう。

その中でも30代の乾燥しがちな肌にお勧めなのが、肌のバリア機能を高めるセラミドの中でも、肌に馴染みやすいヒト型セラミドを高配合したエトヴォスのモイスチャライジングローションや、3種類のヒト型セラミド配合のヒフミド(小林製薬)がお勧めです。

無添加で肌負担も少ないので、刺激に敏感になりやすいデリケートな肌の保湿ケアが出来るのが嬉しいですね。

他にも肌質に合わせた成分や、自分に合った使い心地のものを選ぶのにお勧めの成分を以下にまとめてみました。

  • 乾燥肌や、敏感肌の人におすすめ成分…セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなど
  • 脂性肌や、ニキビの炎症が気になる時にお勧めの成分…ビタミンC誘導体、レチノール、など
  • 混合肌が気になる人にお勧めの成分…セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など

おでこはテカリやすいのに、口周りや頬は乾燥して粉っぽくなりやすい…と悩んでいる人は、化粧水で保湿成分のすべてを補おうとせず、肌のバランスを整える効果が期待されているビタミンC誘導体や、バリア機能を高めるセラミドを配合したものがお勧めです。

その後に使う保湿クリームで、さらに保湿力を高めるようにしましょう。

30代におすすめの保湿クリーム

30代になると肌の潤いを守る皮脂分泌も減ってきます。化粧水と乳液だけでは、肌を保護する油分が足りず、化粧水で補った水分が蒸発してしまうことも。

またクリームには化粧水に配合されている水溶性の成分よりも、油溶性の保湿に優れている成分が配合された場合も多いのが特徴です。

特に30代の肌は皮脂分泌が正常な状態と、肌ストレスを抱えて乾燥しやすい時期のバランスが乱れやすく、テカリと乾燥の両方が気になる混合肌になることもありますよね。

そんな30代にお勧めのクリームは保湿のバランスを整え、効果を高めてくれる、セラミドやビタミンE誘導体、ビタミンA誘導体などを配合したものがお勧めです。

形状もジェルに近いさらっとしたテクチャーのクリームや、コクのある油分の多い物もあります。

その中でも30代の角質層のキメに働きかけ、肌バリア効果を高める効果が期待されているアヤナス(ディセンシア)や、潤いを高めて肌を軟化へ導く米肌(KOSE)がお勧めです。

さらに乾燥が気になる時は、目元や口周りなどに部分使いで重ねづけをすると、保湿効果が高まりますよね。

乾燥していると毛穴の開きも目立ち、メイクをしていても肌荒れが隠し切れないことも。

30代の保湿化粧品は肌の油分のバランスや、肌トラブルに合わせて成分を選んでいくことが大切です。

使い心地を試しながら自分の肌にあった物を選びたいですね。
 

まとめ

30代の保湿化粧品
エイジングケアに働きかける成分が配合されていると、肌本来の持つ保湿力を高めることにも繋がります。

しかし、30代は肌本来の力が充分に残されているため、過度の保湿ケアを行うと肌のバランスが崩れてしまうことがあります。

自分の肌質に合った保湿化粧品を選ぶことで、いつでも年齢肌トラブルの目立たない若々しい素肌を目指したいですね。