シミやそばかす、くすみが気になりだす30代からの美白ケアおすすめ化粧品!
 
30代の美白ケア
30代になるとエイジングケアとともに、美白ケアが必要と言われていますよね。

30代は10代、20代の頃に受けた紫外線のダメージが、肌の内側の細胞に蓄積し、だんだん浮き上がることで皮膚の表面に現れます。

20代は目立たなくても、肌の内側に予備軍が潜んでいるのです。

30代の美白ケア対策と、選ぶポイントを探っていきましょう。
 

しみ、そばかすが目立ち始めていませんか?

30代を迎えると肌にしみや、そばかすが気になってきますよね。目元や、頬に茶色い点のような薄い部分も年齢を重ねると色も濃く、範囲も広がっていきます。

まだ薄く目立たないからと油断せずに、早い段階から美白ケアを始めることがお勧めです。

今まで特にしみを意識していなかった人も気づいた時から始めることで、年齢肌のトラブルの回避に繋がります。

しみ、そばかすなどの美白ケアはどういう基準で選んでいけばいいのでしょうか。そのポイントを見てみましょう。
 

そばかす対策イロイロ!

美白化粧品を選ぶポイント

美白ケアを選ぶときには、重要なポイントがあります。

  • すでに沈着したメラニン色素を目立たなくさせる
  • 新しいしみを作らせない予防

上記の2点の効果が期待できるかが大切です。

しみの元となるメラニン色素は、紫外線のダメージを受けた肌細胞から酵素が分泌され、メラニン色素が生成されるメラノサイトが活性化することで増えていきます。

特に日焼け止めを塗り忘れてしまった時などは、紫外線のダメージが肌の角質層の奥へ蓄積し、細胞内でたくさんのメラニン色素が作られ、時間をかけてメラニンが皮膚に沈着していきます。

しみやそばかすとして肌の表面に現れるまでには時間がかかるため、シミ対策には色素が沈着する前の予防として効果が期待される成分と、すでに色素が皮膚に沈着を起こした皮膚を元の状態へ導く成分が配合されている場合がほとんどです。

30代の美白ケアはそのどちらも行いたいですよね。30代におすすめの美白ケアを見ていきましょう。

30代におすすめの美白ケア

美白ケアの化粧品には、以下のような成分が配合されている場合が多いです。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • アスタキサンチン…など

この他にも植物由来のヤグルマギクエキスや、ヨクイニンなどその種類も豊富です。

しかし30代の肌は紫外線や、ストレスなどによる刺激で乾燥しやすい状態でもあります。

美白ケアに含まれる成分のビタミンC誘導体や、トラネキサム酸は配合濃度が濃いと肌が乾燥しやすくなるため、美容成分と合わせて配合されているものを使うことが大切です。

肌の潤いを高めるセラミドや、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿に欠かせない、肌馴染みの良い成分がお勧めです。

特に乾燥肌の人や、刺激にデリケートな肌が敏感になっている時期は美白ケアの使用は様子を見ながら行いましょう。

紫外線を長時間浴びて赤みが出た肌は、ピリピリと染みるような刺激を感じて荒れてしまうことも。肌が鎮静された状態の方が、美白ケアも肌へ浸透が高まります。
 
30代の美白ケア化粧品を選ぶポイント
 

肌が弱いため、毛穴の黒ずみが気になる小鼻や、ニキビ跡が目立つあご周り部分だけに集中して美白ケアをしているという意見もありました。

30代におすすめの美白ケアで、肌荒れを防ぐ保湿成分も配合されているものを探っていきましょう。

美白ケアと、乾燥対策の両方のスキンケアが行えると人気なのが、サエル(ディセンシア)、 無添加ホワイトニング(ファンケル)です。

サエルは肌のバリア機能を高めるセラミドナノスフィアと、沈着したメラニンの還元に効果が期待されるビタミンC誘導体などを配合し、透明感のある瑞々しい素肌へ導きます。

敏感肌で美白ケアを行うと肌が荒れやすくて使えない…と悩む人にもお勧めです。
 

サエルの効果とトライアルセット通販情報


 
また、ファンケルの無添加ホワイトニングは、しみの元となるメラニン色素を活発化させる酵素をブロックする効果が期待されているアクティブビタミンCを配合し、肌本来の美しさを高めてくれます。

さっぱりと、しっとりの2タイプの使い心地を選ぶことが出来るのも嬉しいですね。

美白ケアは年齢肌のトラブルを防ぐ効果が期待されている、エイジング対策でもあります。

30代の比較的しみが目立ちにくい時期からケアを心がけることで、年齢を重ねても透明感のある肌を目指すことで若々しい印象にもなりますね。
 

ファンケルの無添加ホワイトニングトライアルセット(お試しセット)


 

赤ら顔のケアは?

くすみやシミと違って、肌が赤身がかってしまう赤ら顔で悩んでいる人もいます。そのような赤ら顔の場合には、通常の美白ケアとはスキンケア方法が違ってきます。

そもそも赤ら顔の原因は、血流が増えて血管が拡張してしまい、その色が皮膚を透けて見えてしまうことにあります。
 
30代の美白ケア化粧品を選ぶポイント
 
そのため、通常の美白ケアでは解決できないため、赤ら顔対策に適したスキンケアが必要になってきます。

スキンケア商品では、しろ彩という赤ら顔ケア商品などでのスキンケアがおすすめです。
 

しろ彩で赤ら顔対策!顔の赤みのスキンケア


 

30代の美白ケアまとめ

30代の美白ケア
30代は肌の潤いが減少し始め、普段から肌の乾燥が気になり始める年代です。

乾燥した肌は紫外線のダメージを受けやすく、目立たないしみもどんどん濃く、広がっていきます。

そうなる前に美白ケアでメラニン対策をすることで、瑞々しい肌本来の明るさを保っていきたいですね。